2012年04月  < 前月  次月 >

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最近投稿された記事
月別表示
検索ボックス

Powered by さくらのブログ

2012年04月28日

急告!練習時間の内容変更について

昨日の練習で、先生から、来週(5月4日)から、5月中の練習時間について「メサイア」を前半の時間にするとの連絡がありました。

これまで1週交替で実施してきた曲目の順序を変更し、前半「メサイア」、後半「蔵王」となります。

周知方、徹底を図るよう、お伝えください。

「追記」
5月6日(日)午後2時〜5時、市民会館音楽室での「メサイア」臨時練習、全員出席できるよう、お願いします。
 
[投稿時刻 04月28日 10:24]  | コメント:0件

2012年04月14日

5月6日(日)は「メサイア」全曲の臨時練習です

「メサイア」の練習は順調に進んでいます。

団員の皆さんからの強い要望がありましたので、これまでの練習の総ざらいとして、臨時練習を設けました。

今後の詰めの練習を測るうえで大事な練習です。
ぜひ、全員集合できるよう日程を調整してください。

練習曲は「メサイア」全曲です。
◆「メサイア」臨時練習
日時=5月6日(日)午後2時〜5時
会場=松戸市民会館音楽室
指導=新見準平さん(柏メサイアの指導者、バッハ・コレギウム・ジャパン所属、バリトン)
ピアノ=淵本祐子さん(元当団ピアニスト)。
 
[投稿時刻 04月14日 21:42]  | コメント:0件

2012年04月04日

二期会創立60周年記念ガラ・コンサート

史上最大という猛烈な春嵐来襲!
朝からインターネットとテレビのニュースで天気予報と睨めっこ。
ニュースでは、都心の各企業が早めの帰宅命令を出したとかですが、自分はそれに逆行して、果たして電車が動くのか、帰路の足は大丈夫か、猛烈な風雨の中、行くか止めるか・・迷走心境。

午後3時、勇を鼓舞して(ある1つの覚悟もして)北小金から新宿まで、千代田線〜常磐線〜千代田線〜常磐線〜京浜東北線〜山手線〜中央線快速〜メトロ都営新宿線と、約2時間かけて・・Kアルト団員の代役として出発。

会場に到着したら、前情報も知らず、東京オペラシティ・コンサートホールではロビーコンサートが始まっていた。

途中からですが、日伊コンコルソ第1位の大澤一彰さんの超高音が伸び伸びと響き渡り、まさに美しく花開かんとするソプラノ嘉目真木子さんが輝くばかりの歌唱を聴かせ、いやが上にもガラコンへの期待が膨らむ。

下野竜也指揮、東京交響楽団で午後6時30分、ワーグナー「ローエングリーン・第3幕への前奏曲」でオープン。
若干の空席が見られたのも荒天・交通機関の乱れゆえ。

第1部は二期会の多演奏作品のモーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」「フィガロの結婚」「コジ・ファン・トゥッテ」「魔笛」のアリア。
「フィガロ」では、ズボン役・林美智子さんの「恋とはどんなものかしら」、澤畑恵美さんの貴婦人のアリア、「コジファン」の望月哲也さんの安定した歌唱、「魔笛」の安井陽子さんの「夜の女王」にブラヴォー!

ワーグナー「タンホイザー」では黒田博さんの充実ぶり、R・シュトラウス「ナクソス島のアリアドネ」の幸田浩子さんの華やかなステージが冴え、「バラの騎士」の福井敬さんと贅沢三昧。

第2部はビゼー「カルメン」は当たり役・伊原直子さん、ヴェルディ「リゴレット」では超ベテラン栗林義信さんが健在ぶりをアピール。
プッチーニ「ラ・ボエーム」の若さ溢れる樋口達哉さん、「トゥーランドット」では、ひときわスケールの大きい横山恵子さんの「この宮殿の中で」と、極めつけ福井敬さん「誰も寝てはならぬ」に客席も最高潮!

終幕は日本語版のレハール「メリーウイドー」。
佐々木典子さん「ヴィリアの歌」は、クリアな日本語で高音の美しさにうっとり、男性全員の「女・女・女」では茶目っ気たっぷりの演出で沸かせ、ラストは出演者全員の「メリーウイドー・ワルツ」では、バスの黒田博さんのリードが楽しかった。

アンコールはお決まりのJ.シュトラウス「こうもり」の「乾杯の歌」で会場も一つになりました。
宮本益光さんも、司会に歌と多才ぶりを発揮、60周年の二期会の歴史と曲目解説をしていました。

何んと言ったって、よく知るアーチストとオペラアリアのオンパレードで、ひとときの楽しい夢を見させていただきました。

ところが、さて・・終演のロビーには、交通運行状況が張り出され、いきなり現実を突きつけられました。
帰路のダイヤは大幅に乱れ、初台の都営新宿線の遅れに始まり、小川町からの千代田線は綾瀬でストップ。
常磐線はここから先は運転中止。

覚悟はしていたもの・・突然、聞き覚えのある筑波エクスプレスというアナウンスに、殆ど路線経路も距離感も全く不明のまま、北千住で初乗りのエクスプレスに乗車。
満員のまま南流山で下車、内心ビックリ!の武蔵野線が運行しており、新松戸まで辿り着いたものの、常磐(千代田)線は、依然として運転見合わせ。

ここからどうしたか・・もう疲れ果てました。
それにして溢れる駅構内・すし詰め車内と・・交通機関の情報提供・アナウンス等には、もう少し工夫が欲しいと感じました。
自然の猛威への対応、情報収集のあり方・・いろいろ学ぶ機会ともなりました。
 
[投稿時刻 04月04日 18:39]  | コメント:1件

2012年04月02日

銀座でEverlyが燃えた!

ご存じチャッピーフィルのメンバー。
3月31日(土)ヤマハ銀座スタジオ。
ヤマハ・サイレントシリーズ「スプリングライブ2012」と銘打ったヤマハ主催のイベント。

昼夜2ステージだったが、夜の部を聴かせていただいた。
4人のメンバーの1人が病を得て退団というつらい報告もあった・・。
若者のライブだが、未就学児や年配客も多く、幅広いファン層を感じる。

ギターとドラム、2人のサポートを加えた5人編成で、オリジナル曲がメインだったが、ロック、バラード・・ポピュラーからクラッシックまで圧倒的な楽器テクニックを見せ、Everlyの実力を十分魅せた。

手拍子、掛け声、一緒に声を合わせたりと会場も盛り上がり、ノリノリの90分で、14曲を一気に歌い切った。
アンコールはEverlyバージョンによるトルコ行進曲「乾杯の歌」でエンド。

荒天で出鼻をくじかれたものの、熱気をいただいた同行6人、最も新橋らしい止まり木で、春宵の小宴を楽しんだのは言うまでもない。
 
[投稿時刻 04月02日 18:48]  | コメント:0件